スラグ製品関連

鉄鋼スラグ路盤材

※鉄鋼スラグ路盤材はグリーン購入法「特定調達品目」として公共工事において指定されています

特徴

  • HMS-25は鉄鋼スラグの持つ水硬性を活かした設計ができ、少ない材料で施工できます
  • 含水比に対する鋭敏性が低いので、作業中雨が降り出した場合にも、締め固め作業の続行が可能です
  • 締め固め性状が良好で、施工直後の交通開放が可能です
  • 施工後長期にわたって水硬性が発現するため、耐久性に優れ、メンテナンスコストが低減できます
  • コンクリート・アスファルト等の再生路盤材の補足材としても使用できます
スラグ製品HMS-25
▲スラグ製品HMS-25
 

種類

  • HMS-25
    (水硬性粒度調整鉄鋼スラグ)
  • MS-25
    (粒度調整鉄鋼スラグ)

【使用する位置】上層路盤

TAの計算に用いる等値換算係数
工法・材料
(表層・基層用加熱
アスファルト混合物)
摘要 等値換算係数
歴青安定処理 加熱混合:
安定度350㎏以上
0.80
常温混合:
安定度250㎏以上
0.55
セメント安定処理 一軸圧縮強さ(7日)
30㎏/㎠
0.55
石灰安定処理 一軸圧縮強さ(10日)
10㎏/㎠
0.45
粒度調整砕石、
粒度調整スラグ
修正CBR80以上 0.35
水硬性粒度
調整スラグ
修正CBR80以上
一軸圧縮強さ(14日)
10㎏/㎠以上
0.55
浸透式 0.55
  • CS-40、CS-30
    (クラッシャラン鉄鋼スラグ)

【使用する位置】下層路盤

TAの計算に用いる等値換算係数
工法・材料
(表層・基層用加熱
アスファルト混合物)
摘要 等値換算係数
クラッシャランスラグ
切込砂利、砂など
修正CBR30以上 0.25
修正CBR20以上
30未満
0.20
セメント安定処理 一軸圧縮強さ(7日)
10㎏/㎠
0.25
石灰安定処理 一軸圧縮強さ(10日)
7㎏/㎠
0.25

詳細についてはこちら

 

品質規格

 
HMS-25
MS-25
CS-シリーズ
外観 呈色判定 水浸膨張比(%) 単位容積質量(kg/ℓ) 一軸圧縮強さ(N/㎟) 修正CBR
合格 呈色なし 1.0以下 1.50以上 1.2以上 80以上
合格 呈色なし 1.0以下 1.50以上 80以上
合格 呈色なし 1.0以下 30以上
 

左に表がスクロールできます。

※呈色判定は高炉スラグを使用した鉄鋼スラグに適用
※水浸膨張比は製綱スラグを使用した鉄鋼スラグに適用

 

粒度

ふるいを通るものの質量百分率(%)
呼び名
(粒度範囲(mm))
53mm
37.5mm
31.5mm
26.5mm
19mm
13.2mm
4.75mm
2.36mm
1.18mm
425μm
75μm
HMS-25
(25-0)
MS-25
(25-0)
CS-40
(40-0)
CS-30
(30-0)
100
95~100 100
100 100 95~100
95~100 95~100
50~80 55~85
60~80 55~85
35~60 30~65 15~40 15~45
25~45 20~50 5~25 5~30
10~25 10~30
3~10 2~10
 

左に表がスクロールできます。

※縦軸は、JIS Z 8801に規定する網ふるいの呼び寸法です

土工用水砕スラグ

※鉄鋼スラグ路盤材はグリーン購入法「特定調達品目」として公共工事において指定されています

特徴

  • 単位体積重量は天然砂と比べて軽量です
  • 内部摩擦角は35°以上です
  • 潜在水硬性を有しており、時間とともに固まる性質があります
  • 良質な砂と同等の透水性を有しております
 

土工用水砕スラグの特性と用途例

  • 1mまでの仕上がり厚さを一層まき出しで施工できます
  • 粒子のかみ合わせが良好のため、繰り返し荷重に対しても高い安定性を有しています
  • 締め固め後の水の浸入による強度低下が起こりません
  • 鋼材腐食への影響は一般土壌と変わりません
  • 凍上現象が起こらないため、遮断層がいりません

土工用水砕スラグ

お問い合わせ

0823-22-3333

このサイトを広める