製鉄作業

製鉄作業とスラグ発生工程

製銑工程

高炉に鉄鋼石とコークスを入れて高温に熱することで鉄鋼石を溶かし、溶銑(鋼になる前の鉄)とそれ以外の不純物(=スラグ)に分離して、取り出します。

製鉄作業とスラグ発生工程

製鋼工程

高炉で分離した溶銑を転炉に装入して昇温、脱リン、脱硫、脱炭の処理を行い、さらに不純物を取り除きます。ここで不純物を取り除いた溶銑は溶鋼になります。ここで発生した不純物は転炉スラグと言いスラグ製品製造工程へ行きます。

製鋼工程

お問い合わせ

0823-22-3333

このサイトを広める